ビジネスロジック部品

はじめに

執筆にあたって注意した点

本書を理解するためのキーワード

第1章 特注業務プログラムと業務パッケージの間に

1.1 特注業務プログラムと業務パッケージの違い
a.業務パッケージに必要なカスタマイズ
b.カスタマイズの方式
c.特注業務プログラムか業務パッケージか (その1) 一般論
トピック 1: 金の卵を生む業務パッケージへの夢

1.2 特注業務プログラムおよび業務プログラムの開発業者
d.業務パッケージ開発業者を見ると
e.特注業務プログラム開発業者を見ると
f.再利用
g.特注業務プログラムか業務パッケージか (その2) カスタマイズ費用

1.3 特注対応業務パッケージ
h.ウッドランド社の取り組み
i.データ項目に対応づけたプログラムの細分化
j.特注業務プログラムか業務パッケージか (その3) 結論

第2章 部品化再利用とオブジェクト指向

2.1 SmallTalk システムと SSS
a.Smalltalk システムにおけるソフトウェア開発
b.SSS におけるカスタマイズ
c.ビジネス分野に焦点を定めた SSS の工夫
d.Smalltalk システムの適用分野

2.2 部品化アプリ再利用システムとオブジェクト指向
e.オブジェクトの二つの候補
トピック 2: 構造化とは

2.2.1 エンティティをオブジェクトに対応づけると
f.オブジェクトとインスタンス変数
g.進歩したと言えるのか
h.部品化アプリ再利用システムにとってのオブジェクト指向の効能は
i.部品化アプリ再利用システムとオブジェクト指向のテクノロジー
j.ビジネス分野向けには必要な拡張機能
k.必要だと考えた拡張機能の詳細
l.ビジネス分野には合わない点のいくつか
トピック 3: インスタンスに関係して

2.2.2 データ項目をオブジェクトに対応づけると
m.オブジェクト指向と GUI 操作
n.GUI 操作ベースと処理プログラム
o.GUI 操作ベースと処理プログラムの再利用
p.ビジュアル開発支援ツール
q.データ項目に対応づけられた GUI オブジェクト

2.3 オブジェクト指向をどう捉らえたか
r.オブジェクト指向の枠組み
s.オブジェクト指向の評価をするには
t.エンティティかデータ項目かの結論
u.オブジェクト指向という考え方を意識して感じたこと

第3章 ソフトウェアの開発支援ツール

a.上流工程支援ツールと下流工程支援ツール
b.上流工程と下流工程をめぐる捉らえ方
トピック 4: エンドユーザ開発とスパイラルモデル

3.1 上流工程支援ツール
c.記述という作業の支援
d.上流工程 CASE ツール
トピック 5: 大げさなツールの宣伝
e.インタビュー支援
f.疑似体験に支援されての要求仕様の明確化
g.上流工程と下流工程の間をついたマジック

3.2 下流工程支援ツール
h.下流工程支援ツールの動向

3.2.1 嵌め込み(はめこみ)システム
i.嵌め込みシステムの第一の分かれ道
j.嵌め込みシステムの第二の分かれ道

3.2.2 第四世代言語
k.イベント駆動方式
l.4GL によってなぜ生産性が向上するのか
m.4GL が主流になっていない二つのわけ
n.4GL と嵌め込みシステム

3.2.3 SSS から RRR ファミリーへ
o.SSS という嵌め込みシステムを見直すと
p.部品を区切る分割指針の重要性
q.RRR ファミリーに向けた改善点
r.部品を区切る分割指針に関する改善点その1
s.部品を区切る分割指針に関する改善点その2
トピック 6: 部品化イベント駆動方式のツール

第4章 ソフトウェア開発の生産性

4.1 ソフトウェア開発の生産性とは
a.ソフトウェアの開発は設計作業
b.ソフトウェア開発の生産性をどう計るか
c.プログラムのミニマム情報量

4.2 ソフトウェア開発の生産性の計り方いろいろ
d.プログラム行数を用いて算出した生産性の補正方法
トピック 7: パソコンによる開発とレビュー
e.生産性の向上率を求める実施検証
f.生産性の向上率を求める別法、積み上げ方式

4.3 ソフトウェア開発の生産性は向上しているか
g.製造作業の生産性はなぜ向上させることができたのか
h.ソフトウェア開発の生産性はなぜ向上させることが難しいのか
i.古き良き時代にあったソフトウェア開発の生産性の向上
j.ツールだけによる生産性向上策
k.快適なソフトウェア開発環境の提供
トピック 8: ツールでどれだけ生産性が向上するか

4.4 ソフトウェア開発の生産性を向上させるには
l.再利用による生産性の向上率
m.再利用によって生産性を向上させるとは
n.再利用によって生産性を向上させる二つの方式
o.二つの再利用の方式を評価すると
p.再利用の段階と二つの方式
トピック 9: 開発生産性とメンテナンス生産性の向上率

第5章 ‘ビジネスロジック部品’の理論

5.1 実用的で効果的な部品化再利用システムの要件
a.実用的で効果的な部品化再利用システムの要件その1
b.実用的で効果的な部品化再利用システムの要件その2
c.実用的で効果的な部品化再利用システムの要件その3
d.要件をまとめると
e.汎用サブルーチンがカバーする領域

5.2 部品化再利用システムの構成法とその具体例
f.部品化アプリ再利用システムの一般化した構成法
g.RRR ファミリーの構成法を一般化した構成法に照らすと
トピック 10: ビジネスロジック部品の大きさ
h.RRR ファミリーを三つの要件に照らすと
i.部品化再利用システムの歴史的な発展経過

5.3 ‘ビジネスロジック部品’の意味と意義
j.‘ビジネスロジック部品’とは
トピック 11:‘ビジネスロジック部品’はモジュールか
k.‘ビジネスロジック部品’による近未来像
l.カスタマイズとメンテナンス

第6章 生物の進化と部品化再利用

a.ダーウィンの進化論とは
b.コピーミスで進化するか
c.自然選択は納得できる
d.やはりコピーミスで進化する
e.進化のスピードと部品化再利用
f.高対応性部分と低対応性部分

おわりに

付録1. プログラムの実行とは

付録2. ビジネス分野の業務アプリの一般的な特徴

付録3. 積み上げ方式で生産性の向上率を求める例

付録4. ものを認識する際の図と地の分離について

付録5. 部品化アプリ再利用の一般化した構成法
a.部品化アプリ再利用システムの一般化した構成法を導き出した過程
b.三つの要件を満たすという定理の証明

参考文献

索引

・あ行
・か行
・さ行
・た行
・な行
・は行
・ま行
・や行
・ら行
・わ行

・数字

・アルファベット

日英対訳 (重要語)

・あ行
・か行
・さ行
・た行
・な行
・は行
・ま行
・や行
・ら行
・わ行

・数字

・アルファベット

・表題

英日対訳 (重要語)

・A
・B
・C
・D
・E
・F
・G
・H
・I
・K
・L
・M
・N
・O
・P
・Q
・R
・S
・T
・U
・V
・W
・X

・数字